読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


チィさんの夢を見た。
チィさんが外に出てしまって、それを必死に探し廻り、
追い縋る様な夢だった。
居なくなってしまってからもう随分時間が経ってしまったし、
もう二度と会えないかも知れない、と思い始めていた時に
障子に影が映った。
慌てて窓を開け、名を呼んだり猫缶を叩いたりして
一生懸命気を引こうとするのだけれど、
チィさんは他の外猫たちと何処かへ行こうとしている。
名を呼ぶと振り向きはするのだけれど、
なかなかこちらへは来てくれなかった。


今の住まいとは別な平屋で、チィさんは小さな庭に居た。
真っ白な日が射していて、チィさんの胸回りの飾り毛が風に靡いて
きらきらと輝いて見えた。
庭石の上にきちんと腰を下ろして振り向いたチィさんは、
まだ若々しくて、人語を解する様な気配を見せる前の、
目の色がまだ猫らしかった頃のチィさんだった。
掴む事も御する事も叶わぬ、不思議な目の色をしていた。
追えばするりと擦り抜けて姿を消してしまう。
触れたいのなら、只、待つしか出来なかった。
猫の理を人が計り知る事は出来ない。
それを思い出した。


随分長い間、静かにじっとこちらを見据えていた。
それからゆっくりと立ち上がって、静かに去った。
僕は夢の中で必死に追い縋って、何とかチィさんを抱き上げた様にも思うし、
それは叶わなかった様にも思う。


懐かしかった。
只静かに独り、そこに在る、という近寄り難い佇まい。
それがある時突然、すう と身を寄せてくれた時の気持ちを思い出した。
窓を開け放ったまま、青い月の光が差し込む窓辺で
息を殺して身動ぎもせずに、膝の上で静かに眠るのを見ていた。
そうだったな、と思う。
それがチィさんだった。