読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


また一つ歳をとった。
自分の誕生日などさして気に留めたこともなかったが、
今年だけはいつもと違う。


年が越せるかどうかも解らない状態だったのが、
今日まで居てくれた。
それが何よりの贈り物なのだと思う。
毎日僅かでも顔が見られて、呼べばそれに応えてくれる。
手を触れればやわらかく、暖かい。