読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


水をあまり飲んでくれなくなってしまった。
喉が渇くだろうにとシュリンジから舐めさせようとしても
顔を背けて煩そうにする。
息が荒い。
薬も何とか飲ませてはいるが、
かえって苦しい思いをさせていないか心配になる。
少しでも楽に、チィさんらしくいさせてあげたい。


肩で荒い呼吸をしてはいても、表情は穏やかで
目をぱっちり開いて静かにこちらを見詰めている。


してやれることが見付からないのがこんなに辛いなんて。