読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


放って置いたらどうせ正月らしい事も何一つしないのだろう、と
ニチコさんがおせちを注文しておいてくれたので
奥さんと小さなお重を開けてぱくぱくとつまむ。
友人から鱒寿司が届く。
おせちと鱒寿司が並んでいるのを見て、
何やら正月らしい気持ちになる。


年末にろくに掃除も済ませていなかったので
新年早々掃除機などかけて騒がしくした。


明日から北海道に行くので、冷蔵庫の中を整理して
日持ちのしない物は全て胃の中に。


留守中はニチコさんが様子を見に来てくれるとの事。
食卓の上にチィさんの好きな猫缶等並べて準備万端整えても、
まだ何か大事な事を忘れている様な気がする。
ドアやカーテンの隙間、クッションの位置、
チィさんが出来得る限り快適に過ごせる様に、
部屋中を抜かりなくセッティングする。