読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近所のデニーズで遅めの晩御飯。
円高還元とやらで値引きになっているステーキを食べた。
深夜になると殆ど客がやって来ない。
店員の姿も見えない。


食後は珈琲やデザートなどつつきつつ
持って行った「20世紀の幽霊たち」を読み始めた。

20世紀の幽霊たち (小学館文庫)

20世紀の幽霊たち (小学館文庫)

深夜に読む幽霊譚は矢張り楽しい。わくわくする。
まだ読み始めたばかりだけれど、とても好みな雰囲気。


時々本から目を上げ、まばらな客たちを見る。
向かいのテーブルには、スープと、サラダと、パスタと、ステーキを
やたらとよく噛んで只管食べ続ける中年男性が一人。
親の敵を取る様に、首を振ってリズムを刻みながら
真剣な表情で肉を噛む。
なかなか呑み込まない。
時々目が合う。
瞬きもせずステーキを噛み続ける。


別なテーブルには初老の男性と中年女性が
仲睦まじく会話に華を咲かせる。
二人ともとても楽しそう。
家族ではない。
只の友人というのでもなさそう。
タクシーを呼び、それぞれの家へ帰って行く。
二人とも始終笑顔。


入り口の近くには何かを採点している男性。
難しい顔をして答案用紙を積み重ねて行く。
静かな店内で答案用紙がカサカサと乾いた音をたてる。


珈琲を飲む。
ケーキを食べる。
また本の中へ戻って行く。