読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


奥さんの仕事休みがたまたま大須の骨董市の日と重なった。
奥さんは折角だしと早めに起き出して着物を着込んだ。
まだ何かと手間取るらしく、出掛ける頃にはすっかり昼になった。
大須に着いて骨董市をぶらぶら眺め、奥さんは半襟を、
僕は鱧を捌く為に使うらしい包丁を買った。
白鞘に収められていて、見た目は少々物騒な感じがする。
大須観音を抜けてすぐの団子屋に入って休憩。
箸袋に籤がついていて、大吉が出ると団子をもう一本貰えるという。
珍しく籤運の悪い僕の方に大吉が出た。
テーブルに用意されている小さな札に願い事など書いて、
店の中の好きな場所に貼って行って良いというので、
「目玉団子 三百円」等と書いて壁に貼り、
勝手に店のメニューをもう一品増やしておいた。


店を出て商店街をぶらぶらしていたら、
小さな神社の脇を通り抜ける時、
奥さんが小さな声で「賽銭泥棒…」と言うので、
神社の中を見たら、痩せた男が賽銭箱を覗き込んで何かしている。
神社の入り口に奥さんを待たせ、足音を忍ばせて男のすぐ後ろまで近寄って
手許を覗き込んでみたら、細い棒の先にガムか何かを巻き付けて、
必死に賽銭箱の中を掻き回している。
男は後ろから覗き込む僕に気付いて慌てて棒を抜き、
薄手の草臥れたジャンパーを羽織った痩せた背中を丸めて
ばつが悪そうに離れて行った。
最初から咎める気などなかった。
目が合ったら、「釣れますか」とでも声を掛けてみるつもりでいた。
よく冷える日だった。
棒の先につけたガムはすぐに冷えて硬くなってしまうだろうから
小銭を絡め取るのは難しいだろうし、
あの小さな賽銭箱の中に、札はそう入っていないだろう。


夜道で誰彼構わず連れ去って殺して首を刎ねたりする様な
酸鼻を極める様な出来事ばかりが目に入って来ると、
小さな神社で小銭を掠め取ろうとする様な些末な悪事は、
勿論悪い事には違いないが、何処か牧歌的な感じさえする。
神仏の類があるのならそれ相応の罰が当たるのだろうし、
あの寂しげな痩せた背中を見たら、突如として正義感に燃え
男を捕まえて警察に突き出す様な気持ちには、どうしてもならなかった。


ふと横を見ると、小さな神社の“招き稲荷”は、いつも通り、
僕にはにやりと笑みを浮かべている様に見えた。