読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


結婚祝いに日子さんが贈ってくれた食卓と椅子が届く。
現品限りでお値打ちになっていた品だけれど、
据えてみると厚い天板がずしりと落ち着いていて、
妙な言い方だけれど、家がぐっと家らしくなった様に感じる。
木地そのままなので、感触が柔らかで優しい。
食事の皿を並べてみても、これから食事をするんだ、と
少し改まった様な気持ちになる。
使っているうちに零したり焦がしたりして染みや傷が入り、
もっと年季が入った姿になる頃には、
家がもっと家らしくなっているだろう。


ああ、自分はここで暮らして行くんだな、と思う。
長い間の仮住まいで、何処に居ても
いつかはここから去るのだ、
という意識がなかなか抜けない。
一つところに根を張って生きていく、という事を
これまであまり考えて来なかった様に思う。
毎朝この食卓に着いて朝食を摂り、晩御飯を食べ、
時には客をもてなし、お茶を飲み、色々な話をして
長い時間をここで過ごすのだろう。


この頃「家」について考える事が多くなった。
帰るべき場所。
家族の在るところ。
まだ漠然としてはいるけれど、
その重みを感じられる様になった。
身の回りの事柄から、急にふっと切り離されて
何もない場所に一人きりで浮かんでいる様な感覚を
まだ時々思い出す事もあるけれど、
きっと巧く折り合いをつけて行けると感じている。