読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


気が付けば何ヶ月も日記を書いていなかった。


体調は相変わらずだけれど、薬の使い方にも慣れて随分と巧く対処出来るようになった。
数回の検査で得られたのは、頻脈の原因はおそらく心臓疾患にはないという事と、
甲状腺の異常でも、肝炎でもないという事。
それがここ数ヶ月の成果で、不安定な血圧や頻脈、息切れの原因は特定出来ない。
それならば、判らないなりに受け入れて対処の仕方を学ぶしかなさそうなので、
薬の種類や使い方を自分自身の身体で試し、自分なりにデータを取っている。
それから前よりも少し、健康に気を遣うようになった。と、思う。


生きていたい理由が出来た。
勿論今までだって死にたいなどと思っていた訳ではないけれど、
死を畏れたり、厭わしく思う気持ちが、どうも人より足りていないのではないか、
と感じることが度々あって、自分はその辺の感受性が鈍いのかも知れない、と感じていた。
身近な者にいつ降り掛かるかも知れない災難を、
起こらない確証がないという理由で何の根拠もなく想っては嘆き、極端に怖れる癖に、
自分の事となると途端に他人事のように薄ぼんやりと眺めてしまう。
結果的に色々な責任を放棄する事にもなるし、
そうした態度が卑怯だというのも解っているのだけれど。


家族を得る迄は、毎日を無事に過ごしたい最大の理由は、
チィさんの水を取り替える事と、新しい食事を用意する事だった。
そう言うと、そんなに生きる楽しみのない暮らしなのかと思われてしまいそうだけれど、
そうではなくて、生きているのは楽しい。ほんの些細な事が、とても楽しい。
雲を見るのも、雪が降るのも、寒いのも、暑いのは苦手だけれど、
ガラクタを掘り出して買い漁るのも、怖い話を聞くのも、
どれもこれも楽しくて仕方がない。
家族を得てからは、それまでにも増して、日々の些細な事は輝きを増した。
何でもない事がとても大切で、僕にとっては何にも代え難く大きな意味を持つ。
見て、聴いて、息をして、そしてそれを味わってさえいられれば、
多少の体調不良など些末な出来事に過ぎず、僕は相変わらず楽しくいられる。


家族が増えるかも知れない。
チィさんが居なくなってがらんとした家の中を、
埋まらない隙間を埋める為に愚かにも買い漁ったぬいぐるみが溢れた家の中を、
少しづつ片付け始めている。


家族が増える。
そう知って、これまでとは違った恐怖を感じた。
今まで感じたことのない不思議な感覚を味わった。
必要とされた時、その場に居られないのは怖い。
大切な人の楯になれず、剣にもなれず、何も知らずにいることが堪らなく怖い。
喜ばしい事の筈なのに、無闇に怖くて、困惑して、どうにも不安になった。
怖いと思うとあれもこれも怖い。
どんどん怖くなって、どうしていいか解らなくなってしまう。
幸いまだ考える時間が残されている。
困惑顔のままその時を迎えなくてもよいように、
自分の気持ちを整理しておかなくては、と思う。


チィさんを抱いて家族写真を撮った居間で、
新しい小さな命を抱いて家族写真を撮る日のことを想う。