読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


夢の中で、僕は死んだ猫の遺骸を抱いて彷徨っていた。
長毛で白く大きな猫の遺骸は、手脚を伸ばしたまますっかり固くなっていて、
僕はそれを急いで、冷たくて清潔な水の中に沈めてやらねばならない。
そうしておけば猫の遺骸はいつまでも腐り出さず、
もしかしたら、もう一度ゆっくりと息を吹き返すかも知れなかった。
その猫は命を幾つか持っていたが、その命には限りがあり、
息を吹き返す事が出来るのは三度なのか四度なのか、或いは七度なのか、
そしてこの死がこの猫にとって何度目のものであるのか、僕は知る事が出来ない。
只、息を吹き返すのには長い時間が掛かる事だけは解っていた。
だから僕はこの遺骸を手放す事は出来ない。
はっきりと見極めがつくまでは。
この死がこの猫にとって本当に最後のものであるなら、
猫の死骸はもうとっくに腐り果ててもよい頃だ。
硬直したまま置物の様になってしまった猫を抱いて、
僕は猫を静かに見守ってやれる場所を探し歩いた。


朽ち果てた廃墟の中で、その場所を漸く見付けた。
うち捨てられた水槽に水を張り、猫を沈めてじっと待った。
いつまでも明けない夜の冷気に曝され、水槽はすぐに凍り始めた。


他の人に見付かってしまったら、何と言い訳をしよう。
こんな廃墟で、猫の遺骸を水槽に沈め、
生き返るのをじっと待っているだなんて、
きっと正気ではないと思われるに違いない。
どう説明したところで解っては貰えまい。
頭がおかしいと思われるのは仕方がないが、
猫をどうにかされては困る。
さっさと焼かれたり埋められたりしては、今度こそ本当に死んでしまう。
それが不安で、どうしよう、どうしようと思っているうちに目が覚めた。