読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


火曜早朝。
ニチコさんから妻の携帯に着信。
僕はサイレントにしたまま眠っていて、着信に気付かなかった。
兄が救急車で運ばれたのですぐ病院へ向かって欲しいとの連絡。
すぐに着替えて病院へ向かう。
兄は心臓の手術を何度か受けている経緯で、時々具合が悪くなる。
周りの者はその度に冷や冷やする。


救急で運ばれるとまず初療室というところへ入る。
兄はそこで心臓に微弱な電流を流す処置を受けていた。
処置が終わってからも息苦しそうで、顔色が悪い。
全身麻酔からまだ醒め切っていない。
病室がなかなか決まらない。
必要な事だから仕方がないのだけれど、
息苦しくて話す事もままならない患者の傍で、
何度も何度も病室の値段を確認しに来るのに苛々する。


兄の家に居る犬も同時に具合が悪くなり、
ニチコさんが付き添っているとの事。
どうしてこうも立て続けに悪い事が起こるのか。


幸い大事には至らず、兄は次の日には家に帰された。
胸を撫で下ろしたのもつかの間、
今日はチィさんの通院帰りに、
今度は父が倒れて救急車で運ばれたとの知らせを受けた。
こちらも幸い大事には至らなかったが、
あんまり良くない事ばかりが続き過ぎる。
何だか理不尽な気がして段々腹が立ってきた。


まだ何かあるなら、全部まとめて僕のところにくるといい。
僕の周りの者に、もうこれ以上何事も起こりません様に。