読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

■ 羊毛大戦



あるところに、とても怖がりなモンスターがいました。



夜が怖ろしくて、毎晩暗闇に向かってキバをむき、

大きな声で「ガオー!」と叫んでみるのですが、

彼の立派なツノや、大きなツメが

月灯りでひときわ怖ろしげな影となって吼え返すので、

いつも余計に怖くなってしまうのでした。






 


http://uronnaneko.jugem.cc/?eid=1710