読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


もう一月ほども前の事。
母と百貨店との間に少々トラブルがあって、
百貨店側が色々と調査した上で報告すると言うので、
大人しく結果を待ったのだけれど、どうにも対応が気にくわない。
損害額は差ほどでもないから、目を瞑る事も出来なくはないが、
年寄り相手だからか、まるでこちらに否があるとでもいう様な口ぶりで
遠回しに、記憶違いの可能性はないか、物忘れではないか、
というニュアンスを匂わせてくるのが癪に障る。
「信用問題に関わる事だから早急に対応させて頂きます」、と聞いてから
何の進展もなく一月が過ぎ、とうとう金銭の問題ではなくなってしまった。


勿論最初から喧嘩腰でクレームをつけたのではなく、
物腰柔らかくやんわりと間違いを指摘したのだったが、
どうやらそれが良くなかったのかも知れない。
埒が明かぬからと頼まれて、とうとう僕が首を突っ込む事になった。
誰にも無駄に不快な思いをさせたくないから、
出来得る限りの丁寧さで話したのを
この相手なら丸め込めるとでも解釈したのだろう。
礼節を尽くしたつもりで臨んだ場で、下げた頭を踏みつけにされた様で
もう見過ごす事は出来なくなった。


常々、理不尽な目に遭ったとしても一々憤らずにさらりと受け流せたら、
どんなに楽かと思うけれど、なかなかそういう器量を持つに至らない。
だからいつも静かに穏やかに微笑んでいる人を見ると、
ああ、僕もいつかあんな風になれたら、と憧れるし
語気を荒げて容赦なく相手をやり込める様な事をとても見苦しく感じるのだけれど
今度もまた、どんな結果になったとしても苦々しい思いが残る事になりそうだ。


後で慌てふためくくらいなら、最初から非礼のない様に接してくれればいいのに…
と、恨めしく思ってしまう。
最初から相手が気圧されるくらいの強い口調で文句を言えば、
或いはもっと手っ取り早く解決するのかも知れないけれど、
それはしたくないし、愉快な話ではないからこそ、
柔らかな口調で伝えたいと考えてしまうのだけれど、それが良くないのだろうか。


残念な事に、下げられた頭をこれ幸いと踏みつけにして
平気で唾する様な人間は少なくない。
そういう相手に出会う度に、同じ処まで行ってやりあっていたのでは
結果として自分も同類である様な心持ちがして口惜しいから
何とかそこから脱したいのだけれど、
只ひたすら我慢をするというのではどうも上手く行かない様だし
一体全体どうしていいのやらさっぱり解らない。
「まあそういう事もあるさ」と笑って遣り過ごす方が格好も好いし
是非ともそういう心境に達してみたい。


これでも自分の事ならば、
随分と腹に納めておける様にはなったつもりでいるのだけれど、
家族や親しい人たちの事となるとてんで駄目だ。
焦げ臭い様な匂いや鉄の味が口や鼻に充満する様な心持ちになって、
後で悔やむ様な事をしてしまう。
口酸っぱく「短気は損気」と言われ続けて、
重々承知はしているのだけれど。