読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


二度目の受診。
義姉が病院まで車に乗せてくれた。
お陰で外の冷気に当てずに済み、経済的な部分でも随分助かる。
心から感謝。


血液検査の詳細な結果が出ており、
血液中のリンパ球数が異常に少なくなっている事が判った。
これは二年ほど前に血液検査をした際にも指摘されており、
今度の検査では更に減少が認められた。
緩やかに老いて来ている。
それはごく自然な事だ。
それを忘れない様にしなくてはならない。


リンパ球の減少により、細菌等への抵抗力は
極端に少なくなっているだろうとの事。
この先段階が進めば透析が必要になって来るとの説明。
透析治療がチィさんに与える負担がどの程度のものなのか、
チィさんにとってどうする事が一番望ましいのか、
よく考えてみなければならない。


ニチコさんはよく、我が身に置き換えてチィさんの事を言う。
管だらけにして無理を強いるなと言う。
僕もそうはしたくない。
それはチィさんには相応しくない様に思う。
こちらの都合だけで無理をさせるつもりはない。
ただ、出来るだけ快適に過ごして貰いたいとは思う。
痛みや苦痛は出来得る限りの手を尽くして取り除いてやりたい。


チィさんは今日もいつも通り窓辺で日向ぼっこをした。
時間毎にお気に入りの場所へ移動して眠り、
温度を低くした火燵に入り、満足げに目を細める。
それこそが最も重要な事であって、
僕が護りたいのはそれ以上でも、それ以下でもない。