読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


セントレア空港には初めて行った。
遅い便で立つので、時間調整に空港内をぶらぶらと歩いた。
新千歳上空は吹雪いているとの事。
高速道路は閉鎖され、飛行機は1時間以上の遅れ。
離陸はしても天候によっては着陸出来ず
引き返す場合も考えられるとの説明を受ける。
その場合は終電後になるのでタクシーで自宅まで戻るか、
ホテルを案内させてもらうとの事。
どちらも費用は自費での負担になるそうだ。
どちらも困る。
飛んで貰わねばならないし、
飛んだら着陸して貰わねば困る。


幸い吹雪きは治まって、無事に新千歳に降りた。
思っていたほどには寒さを感じない。
用心して厚着をして来た所為で、空調の入った場所では汗ばむほど。


日付が変わってから奥さんの実家に着き、新年の御挨拶をした。
一年ぶりに会うはゆちゃんはすっかり大人になっていて、
ソマリらしいしなやかで優美な体躯と長く柔らかな被毛は
矢張りキタキツネを想わせる。
それでもまだ何処かあどけなさの残る表情や
好奇心一杯の目でまわりのあらゆるものに興味を示すのを見ていると、
今は寝てばかりのチィさんにも、そんな頃があったのを思い出す。

チィさんにも、袋があれば取り敢えず入ってみたり、
紐があれば飽きもせずに追いかけ回してみたり、
そんな時期が確かにあった。
懐かしくて、そんな様子がまた見てみたいと思うけれど、
それはなかなかに叶わぬ事だ。