読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


奥さんの仕事休み。
折角だし簡単に掃除を済ませて何処かへ出掛けようか、
取り敢えず朝食を摂る間に洗濯機を回そう、等と話して
奥さんが枕カバー等外して洗濯機へ放り込み、スイッチを入れた。
暫くして洗濯機からガランガランと大きな異音。
驚いて見に行ったが、洗剤を入れたばかりの洗濯槽の中は酷く濁っていて
中がどうなっているのかさっぱり判らない。
最近はかなり熱い湯を使って洗濯をしているので
すぐには手を突っ込んで調べる事も出来ない。
今朝はホットケーキを焼きたい、と前の晩から決めていた奥さんが
焼けたよ、と言うので、食べている間に湯も冷めるだろうと考えて
洗濯機を一時停止したままにしてホットケーキを食べた。
おおかた洗濯機の上にある棚からスプレー缶か香水瓶でも落ちたのだろう
と、そう考えていた。
食べ終わって洗濯槽に手を突っ込もうとしたが、まだ熱い。
差し水をして少しぬるめてから、中の洗濯物を全て取り出し
手探りで洗濯槽の中を調べた。
何か硬い物が指先に触れる。
・・・四角い?


取り出してみると、それは化粧水の瓶でも香水瓶でもなく、
奥さんのiPhoneだった。


お湯に浸けたまま悠然とホットケーキなど食べている場合ではなかったのだった。


どうしてiPhoneが洗濯機に…?
どうやら洗濯物を持ち上げる時、
枕カバーやタオルに紛れて一緒に洗濯槽に入ってしまったらしい。
液晶の中も水浸しで、これはもうだめかもわからんね、と
二人とももうすっかり諦めた気持ちになっていたのだけれど、
まあ駄目元でと、よく水を切り、
タッパに押し入れの湿気取り用のシリカゲルを開けて、
その中に埋没させてみている。


…でもなー
手が入れられないくらい熱いお湯に浸けたまま
ホットケーキ食べちゃったもんなー