読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


奥さんの御家族を案内して名古屋城へ。
近年ウェスティンホテルと名の変わった
ゴヤキャッスルのレストランの予約を試みたが、
何処も満席だったので、急遽名古屋駅コンパル
サンドイッチを用意して行く事にした。
名古屋城へ登り、城内の石垣跡に腰掛けて
皆でサンドイッチと前日の披露宴から持ち帰った赤飯を食べた。
よく晴れて気持ちがいい。
その後の予定が決まっていなかったのでタクシーで駅まで戻り、
ミッドランドタワーの展望台へ登った。
高いところへばかり案内している。
もう少しましなところへお連れしたいが
この街の出身なのに、余所から来た人達を案内出来る様な場所を
全くと言っていいほど知らない。
住んでいる頃は観光地らしき場所に少しも興味がなかったし、
離れてからはろくに戻りもしなかったのだから
無理もないのかも知れない。


先に帰られる御祖父様をお見送りして
皆で駅からぶらぶらと歩いて自宅へ向かった。
途中コメダに寄りシロノワールを食べる。
夜は今日もひつまぶしと決まったので席を予約しておいた。


晩御飯の時間になるまで家で休んでもらった。
本を読んだり仮眠を取ったりして各々が好きに過ごす。


日が暮れて予約の時間が来たので店に向かった。
なかなかの混み具合で、予約を取っておいて良かったと胸を撫で下ろす。
古くからあるお店で、何かと世話を焼いてくれるおばさんたちが
せかせかと動き回るのを見るのも久し振りだった。
昔はこのおばさんたちが少々苦手だったが、
今は世話を焼かれるのにも少し慣れた気がする。
任せてしまえば楽なものだ。
とは言え僕の座った場所が悪く、
奥さんのお父上が配膳係の様になってしまって
色々として頂くのが申し訳ない。
途中からはそればかりが気になって
食事の味はあまりよく判らなくなってしまった。


食事をした後は近くのホテルに移動してデザートを食べた。
ここでいくらかゆったりと過ごせたので、
人混みを歩いた疲れが少しは癒えた様な気がした。
前日から奥さんの弟さん二人はうちに、
御両親はホテルに御宿泊している。