読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


衣装は何か適当に見繕って済ませようかとも考えたが、
適当なものがどうしても見付からない。
仕方なく式場の貸衣装を借りる事にした。
散々探し回って半ば諦めも付いたので、
もう似合おうが似合うまいが
袖が通りさえすれば何でもいいとゆう様な気持ちだった。
衣装係のおばさんはベテランらしく
手際よくあれこれと進めてくれる。
奥さんのドレス選びでお腹いっぱいになって
自分の衣装選びはおまけ程度に考えていたから、
おまけ程度の代金で借りられるとありがたいが
そんな都合のよい話がある筈もなく。


ゆったり目の衣装を持って来て貰って試着をしたが、
矢張りベストのボタンが留まらない。
ベストだけワンサイズ上げて貰い、何とか見られる様にした。
「何かスポーツされてたでしょう」と、もう聞き飽きた台詞を言われる。
「いえ、スポーツは不得手で…」と、もう何度答えたか知れない。


試着用のシャツの襟元のみの前掛けみたいなのを借りたのだけれど、
これが着けてみると何とも奇妙な感じなので
ふざけてポーズを取っていたら奥さんが写真を撮った。



兎も角借りられる衣装があって安心した。
ドレスの横に紋付袴が並んでは、
各々我が道を行き過ぎで先が思い遣られるというものだろう。