読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰りに皆で老舗らしいとんかつ屋に入って食事をした。
間口は狭いのに店へ入ると何処までも何処までも奥がある。
正に鰻の寝床の様な細長い建物なのだった。
建て増しに建て増しを重ねて今の姿になったのだという。
鰻の寝床で食べたとんかつは柔らかで、老舗らしい味がした。