読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


友人と奥さんと一緒にアトリエへ。
友人は銀粘土で作ったアクセサリーの仕上げ。
奥さんは始めたばかりの革細工に熱中している。
僕は兄の事務所から貰い受けて来た年代物の事務用棚に道具を収めて
机周りの片付けをした。
引越の時にスチール棚も何もかも捨ててしまって、
道具や材料の片付けには難渋するが、
あの時はそうするしか他に手がなかった。


苦労してアトリエへ運んだ冷蔵庫はガスが抜けてしまって、
小さな冷凍庫だけが、辛うじて中の物を常温よりはほんの少し、
冷やしてくれている。
捨てるのにも馬鹿馬鹿しいほど金が掛かる。
仕方がないから冷蔵庫に道具でも詰めておこうか、
などと下らない事を考える。
随分と場所を取る道具箱になりそうだ。