読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


式場の打ち合わせに出掛ける。
担当の方は痩せて小柄な男性。
二十代後半といったところだろうか。
始終笑顔で時々冗談を交えながら、手慣れた様子で話を進める。
愛想は良いのだが、笑顔が何処となく死神ぽい。


慇懃な死神に色々と相談をしながら
食事会の段取りをして行った。
テーブルクロスやナプキンの色、
食事のメニュー、何をして何をしないのか。
決めておかなければならない事が多過ぎる。
分厚いカタログを広げて色々と勧めてくれるのだけれど、
一々奥さんと顔を見合わせて首を傾げ、
「…いりません… けっこうです…」と断る。
あまり趣味の宜しくない巨大なケーキにナイフを入れるのも、
毒々しい蝋燭に火を灯すのも、したい事とは違う。
家族や親しい友人たちと集まって、
皆で一緒にテーブルを囲んで穏やかな時間が過ごせれば、
それだけで充分だ。


多くの方が遠方で、招くのを随分と躊躇ったけれど、
友人たちは皆快く集まってくれると言う。
それがとても嬉しい。
皆が食事をするのを少し離れて部屋の後ろから
じっと眺めていたい様な気持ちになるが、
今度ばかりはそうもいかない。


本当にささやかな事しか出来ないけれど、
全員顔を揃えて食事をするなんて
きっと次はどんな機会になってしまうか判らないのだから、
寛いで貰えると良いな、楽しんで貰えると良いな、と思う。