読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


父ユキオさんの誕生日を祝う為に集まる。
機嫌は上々だが矢張り奥さんの事は記憶していない。
仕方のない事だが、何ともやり切れない。
店に着くとテーブルに豪華な舟盛りが用意されていて、
腹が苦しくなるくらい刺身を食べた。
普段はあまり口にする機会がないから、
もう今年食べる分は全部食べ尽くしてしまった様な気になる。
食後にユキオさんがカラオケに行きたがって、
次兄とその家族がそれにお供した。
僕と奥さんは長兄の車に同乗して脱出。
兄が、「見たこともない様なでかいパフェを食わせてやる」
と言って、キャッツ・カフェなる場所へ連れて行ってくれた。
腹一杯刺身を食べた後だから、
とてもパフェなど入れる余裕はないのだけれど、
兄なりの気遣いなのだろう。
長丁場は奥さんに気の毒だと思ったのだ。


奥さんが頼んだパフェは、驚いた事に、
水割りを作る時なんかに氷を入れて
端にトングを引っ掛けて出てくる硝子の大きな器、
名前を何というのだか知らないのだけれど、
あの容器の取っ手を外したものに盛られて出て来た。
僕も横から手伝ったのだけれど、
掘っても掘ってもまだ底が見えて来ない。
二人とも諦めて途中で降参した。
メニューに記されていたそのパフェの名前は、「チャレンジ」。
もう一つ大きなのになると「ネバーギブアップ」という名前らしい。
難行苦行の様なパフェだ。
カメラ付き携帯を忘れて出掛けたので、写真が撮れなかったのが残念。





プロバイダー契約をした時に貰ったポイントで
無線LANの機材を買った。