留守番電話の声は、やっと聞き取れるほどの微かな声で
「もしもし」とだけ言って切れた。
不安そうな、哀しそうな声だった。
誰からだろう。
誰か困ってるのでなければ良いが。