読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高潔な魂

不屈の魂

ムーンブーツと名付けられたその猫は、
聴力を持たないハンデを抱えながら、
それをまるで独自な方法で克服してしまっているかの様だ。
青と金に輝くその瞳には、
怯えや諦めなど微塵も感じられない。


背骨は湾曲し、真っ直ぐ歩く事さえ困難だと言う。
歯は全て抜け落ちた。
そして今ではもう光さえも失っている。
病院では「何故生きていられるのか解らない」とまで言われたそうだ。
さぞかし痛々しく弱々しい満身創痍の姿を思い浮かべるが、
一番新しい資料として送られて来た写真を見てみても、
瞳には依然として少しも衰えない不思議な輝きがあり、
驚かされるほどに堂々としている。
“不屈の精神”を形にしたら、ムーンブーツそのものの姿になるだろう。


音も光もない世界で、何を信じればそんなに強く生きられるのか。
聴く事が出来、見る事が出来るのに、
毎日を不安や恐怖に苛まれて生きている自分を恥じたくなる様な
堂々としたその姿を、どうしたら映し取れるだろう。


陣痛で苦しむ飼い主の背中に寄り添い続け、
御産で留守の間は空腹を忘れて玄関で待ち続ける。
その不機嫌そうな顔の下に隠された優しさや高潔な魂を、
どうすれば彫り込めるのだろう。


只漫然とペルシャ猫を彫ったのでは、少しもムーンブーツに近付けない。
その個性的な姿は、猫という種を超えて、
ムーンブーツという名の新しい存在の様にさえ感じられる。