読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「猫鳴り」という本を読んだ。猫鳴り (双葉文庫)作者: 沼田 まほかる,ヌマタ マホカル出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2010/09/16メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 56回この商品を含むブログ (42件) を見る チィさんが入院した頃に書店で手に取り、 読むのが辛い…

小泉節子「思ひ出の記」思ひ出の記作者: 小泉節子,一條裕子出版社/メーカー: ヒヨコ舎発売日: 2003/10メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 6回この商品を含むブログ (5件) を見る 内容は以前にweb上(青空文庫)で読んで知っていたし、 短い文章の薄い本だか…

近所のデニーズで遅めの晩御飯。 円高還元とやらで値引きになっているステーキを食べた。 深夜になると殆ど客がやって来ない。 店員の姿も見えない。 食後は珈琲やデザートなどつつきつつ 持って行った「20世紀の幽霊たち」を読み始めた。20世紀の幽霊たち (…

料理も掃除もまるでする気にならない。 暑さの所為か、元々怠惰な性格の為か、多分その両方だろう。 このところ分不相応に外食ばかりしていたし、 本当はきちんと自炊をしなければならないが、 面倒だし素麺か茶漬けでも、と思っても、 湯を沸かすのも嫌にな…

本をプレゼントしてもらった。猫カフェめぐりTOKYOカフェEXTRA 猫カフェめぐり-あの猫に会いにでかけよう- (エンターブレインムック)作者: 逸見チエコ/編出版社/メーカー: エンターブレイン発売日: 2008/02/02メディア: ムック購入: 1人 クリック: 53回この…

夢盗人の娘

気になっていたエルリック・サーガの続編、 矢張り買ってしまった。 きっとまた暫くは積ん読・・・・ 忌わしい魔剣の力によって生き永らえる呪われた皇子の物語。 主人公が根暗でひ弱な辺りが好みに合う。 魔剣、妖刀なんかのキーワードにも食指が動く。 そ…

Lafcadio Hearn

小泉八雲を再読している。小泉八雲集 (新潮文庫)作者: 小泉八雲,上田和夫出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1975/03/18メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 29回この商品を含むブログ (22件) を見る以前に何度も読んだ事のある話ばかりだが、 別な翻訳者のもの…

マイケル・ムアコックが描く 虚弱な体力を補う為、呪われた剣の力を借りなければ 生きて行く事が出来ない白子の王子の物語、 エルリック・サーガが復刊され、続編が出ていた。夢盗人の娘―永遠の戦士エルリック〈5〉 (ハヤカワ文庫SF)作者: マイクルムアコッ…

夏の愉しみと言えば怪談本。 と言う訳で、纏め買いしたのを読み漁っていた。 「超」怖い話Κ(カッパ) (竹書房文庫) 平山 夢明 怖い本 7 (7) (ハルキ・ホラー文庫) 平山 夢明 「超」怖い話 怪歴 久田 樹生 平山夢明は陰惨で後味の悪い描写を書かせたら天下一品…

村田エフェンディ滞土録 梨木 香歩 出先で買って電車で読みながら帰宅。 この人は本当に話の運びが巧い。 ページを繰る度に、自分がどんどん物語に惹き込まれて行くのが はっきりと判る。 それがあんまり巧みで可笑しくなるほどだ。 思わず電車の中で笑い出…

「みずうみ」 いしいしんじ 夢と現実が混ぜ合わされて 荒いマーブル模様を描いている様な 不思議な物語だった。 読んでいる間中 やたらと喉が乾いて水が飲みたくなったり やたらと眠くなったりした。 退屈だから眠くなるのではない。 夢の中に引き込まれる様…

日本怪談集 幽霊篇〈上〉 (中公文庫BIBLIO)作者: 今野円輔出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2004/12/20メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 5回この商品を含むブログ (4件) を見る日本怪談集 幽霊篇〈下〉 (中公文庫BIBLIO)作者: 今野円輔出版社/メーカ…

新潮社の新しい文芸誌、yom yom。 新潮社のマスコット、パンダのyondaくんが でかでかと印刷された赤い表紙が目を引く。 次の号が出ようかという時期になって こんな事を書くのもどうかという感じだが、 執筆陣が豪華で実に面白かった。 何より梨木香歩の家…

あるようなないようなあるようなないような (中公文庫)作者: 川上弘美出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2002/10メディア: 文庫購入: 3人 クリック: 12回この商品を含むブログ (84件) を見ることエッセイに関しては 読んでいる最中に何度心の中で頷いた…

大江戸怪談草紙 井戸端婢子大江戸怪談草紙 井戸端婢子 (竹書房文庫)作者: 平山夢明出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2006/12メディア: 文庫 クリック: 5回この商品を含むブログ (6件) を見る江戸物、と言うのか 時代小説と言うのか、そういう形態の怪談話。 …

以前から気にはなっていたが、 書店では一度も目にする事はなかった 今市子の「幻月楼奇譚」と 年末に買いそびれていた「幽」の最新刊を取り寄せた。 幻月楼奇譚幻月楼奇譚 (1) (キャラコミックス)作者: 今市子出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2004/08/25…

川上弘美の「神様」を読んだ。 神様 (中公文庫)作者: 川上弘美出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2001/10メディア: 文庫購入: 7人 クリック: 103回この商品を含むブログ (132件) を見る よく読む怪談本の作家さんが この人のエッセイについて、御自身の…

「なにしてる? 珈琲淹れよっか?」 短いメールが届く。 気の早い僕は もうそれだけで 部屋が香ばしい珈琲豆の香りで満たされて行く様な気がする。 玄関の鍵を開けて、湯を沸かして待っていると 暫くしていつもの様に友人が階段を上って来て、 鞄から道具を…

畠中恵の「うそうそ」を読んだ 。うそうそ作者: 畠中恵出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/05/30メディア: 単行本 クリック: 23回この商品を含むブログ (116件) を見るまずページを開くと、 うそうそ = たずねまわるさま。きょろきょろ。うろうろ。 とあ…

なかなか微熱が抜けなくて寝付いていたら、 友人が 退屈だろうと気を利かせて本を貸してくれた。おまけのこ作者: 畠中恵出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2005/08/19メディア: 単行本 クリック: 4回この商品を含むブログ (101件) を見る楽しみにしていた若だ…

家守綺譚 (新潮文庫) 、読み終えるのが惜しいなどと思いつつも 結局はページを捲る手が止められず あっと言う間に読み終えてしまった。 この本に倍くらいの厚みがあったらいいのに! 最後に交される会話での台詞、 ―――また来るよ。 を信じて続編を待ちたくな…

梨木香歩の「家守綺譚」が漸く文庫化されたと聞き購入。家守綺譚 (新潮文庫)作者: 梨木香歩出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2006/09/28メディア: 文庫購入: 15人 クリック: 69回この商品を含むブログ (260件) を見る この本は、ずっと読みたい、読もう、と思…

「レキシントンの幽霊」を買った。レキシントンの幽霊 (文春文庫)作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 1999/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 39回この商品を含むブログ (247件) を見る いつもの様にベッドに入ったが、 やはりなかなか寝付…

江國香織の「とるにたらないものもの」を読んだ。 とるにたらない本、だと思った。 けして貶しているのではない。 僕はこの本がとても気に入った。 とるにたらない、と言いつつ、 身の回りのモノや事象に向けられたその視線は、 暖かく、さりげない。 普段の…

江國香織 の「とるにたらないものもの」を読んでいる。とるにたらないものもの (集英社文庫)作者: 江國香織出版社/メーカー: 集英社発売日: 2006/05メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (44件) を見るサラッとした文体で 身の回りの…

毎年この時期になると 暑気払に怪談本を買い漁る。 納涼納涼。 「超」怖い話Θ「超」怖い話Θ (竹書房文庫 (HO-32))作者: 加藤一,平山夢明出版社/メーカー: 竹書房発売日: 2006/07メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログ (8件) を見るこの…

内田百輭の「ノラや」を思い出していた。 これを初めて読んだ頃には まだ猫と一緒に暮らす事など考えてもいなかった。 長い不摂生が祟って酷い喘息持ちだったし、 自分の健康管理さえ儘ならない者が 他の命を預るなんておこがましいとさえ思っていた。 間の…

最近何軒か書店を廻って探していたのに、 なかなか見付ける事が出来なかった本を、 たまたま立ち寄った書店で目にした。 あたしの一生―猫のダルシーの贈り物作者: ディーレディー,Dee Ready,江國香織出版社/メーカー: 飛鳥新社発売日: 2005/12メディア: 単行…

普段漫画はあまり読まない、などと言っておきながら 舌の根も乾かぬうちにまたもや漫画なのだが。 南伸坊さんの「李白の月」を読んだ。李白の月 (ちくま文庫)作者: 南伸坊出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2006/04メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含…

以前に友人から借りて読んだ 今市子の「百鬼夜行抄」がとても気に入ってしまったので 自分で買い揃えたいなと思っていたら、最新刊が出たようだ。百鬼夜行抄 (14) (眠れぬ夜の奇妙な話コミックス)作者: 今市子出版社/メーカー: 朝日ソノラマ発売日: 2006/04/…

諸事情から暫くの間、ベッドに横になって じっと大人しくしていなければならない。 満身創痍で寝込んでいる訳でもないので、 ついむくむくと出掛けたくもなるのだが、 今一つ足元が覚束ないのだ。 気持ちは大いに元気であるのに、 ずっと横になってばかりい…

先日買った怪談本の中に 「チハル」という猫の怪異譚が載っていた。 ページの横には、 少しチィさんに似た柄の猫の挿絵が添えられていて 何だか嬉しくなった。 我ながら単純。 怪異譚とは言うものの、この一篇については 話の内容もおどろおどろしいものでは…

探し物が見つけられない。 昔から探し物が下手だった。 冷蔵庫の中にあるものでさえすぐには見つからない。 話を聞かない男、地図が読めない女―男脳・女脳が「謎」を解く作者: アランピーズ,バーバラピーズ,Allan Pease,Barbara Pease,藤井留美出版社/メーカ…

友人の個展を観に銀座へ。 ドローイングが一点売れたとの事。 目出度い。 少し早く着いたので 画廊近くのINAXブックギャラリーを覗く。 広いスペースではないが、 美術書関連の書籍が充実していて面白い。 ざっと見回しただけでも気になる書籍が4,5冊。 じ…

猫にかまけて作者: 町田康出版社/メーカー: 講談社発売日: 2004/11/16メディア: 単行本 クリック: 33回この商品を含むブログ (192件) を見る町田康 「猫にかまけて」読了。 もっとずっと前に読み始めたのだが、 途中チィさんが病気をしたりして 何となく読み…

id:aekaさんから頂いたComic Baton、 御要望通り『怪奇系縛り』で頑張ります。(カッと見開かれる白目★ Total volume of comic on my Bookshelf (本棚に入ってる漫画単行本の冊数) 文庫も入れて50冊前後かと… ★ Comic thought to be interesting now (今…

Comic Baton をid:aekaさんから、 Book Baton をid:CastleDragonさんが バトンタッチしてくださいました。 ううううろね、ががががんばります。 でも二つ纏めてやっつけようという魂胆です。 手抜きでごめんなさい。 だってさっき途中まで書いて 間違えてブ…

先日 加門七海さんの最新刊がもう古書店に並んでいたので、 随分早いなあと中も確認せずにレジへ持って行った。203号室 (光文社文庫)作者: 加門七海出版社/メーカー: 光文社発売日: 2004/09/10メディア: 文庫 クリック: 1回この商品を含むブログ (13件) を見…

りかさん (新潮文庫)作者: 梨木香歩出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2003/06メディア: 文庫購入: 1人 クリック: 36回この商品を含むブログ (133件) を見る リカちゃんが欲しいと頼んだようこに、おばあちゃんから贈られたのは黒髪の市松人形で、名前がりか。…

ねこのばば作者: 畠中恵出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/07/23メディア: 単行本 クリック: 6回この商品を含むブログ (83件) を見る 先日読了した「しゃばけ」の若旦那シリーズ最新作。 もうタイトルからしてすごく気になる。 このシリーズには付喪神が…

家守綺譚作者: 梨木香歩出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2004/01メディア: 単行本購入: 6人 クリック: 160回この商品を含むブログ (215件) を見る 早速はまぞうボタン使ってリンク作成。 便利だなあ。次に読みたい本です。 魑魅魍魎がわんさか棲み付いたおう…

ブクログなるものを試してみました。胡乱な本棚 人様に本棚お見せするのってちょっぴり羞恥プレイ。

先日から畠中恵さんの「しゃばけ」を読んでいる。 文庫化を待ってから読み始めたのだが、 続編の「ぬしさま」と「ねこのばば」の文庫化は待っていられないかもと言う位面白い。 時代小説も妖怪小説も大好きなのでとても楽しめる。 同シリーズは映画化もされ…

井上雅彦監修「蒐集家」 福澤徹三「再生ボタン」 夢枕獏「ものいふ髑髏」 朝業るみ子「恐怖の記憶」を購入。まとめ買いはやめやう。 あと、 梨木香穂「家守綺譚」 畠中恵「ぬしさまへ」 長島槇子「旅芝居 怪談双六」が気になっています。読みたい〜 読んでな…

平山夢明さんの「超怖い話Δ」購入 怖い話大好き。 誰か怖い話を聞かせて下さい。 でも恐い目には遭わせないで。

平山夢明さんの「つきあってはいけない」 平谷美樹さんの「百物語 第3夜―実録怪談集」 を購入。夏はホラーだの怪談本が沢山出るのだけが楽しみ。 たっぷり涼めます様に。 青山ブックセンターが潰れてしまったそうだ。 最近六本木に行ってもTUTAYAにばかり行…

野火 迅さん著子供に語ってみたい日本の古典怪談を購入。 やはり日本の古典怪談は趣があって良い。 涼むのにも最適。 小泉八雲も改めて読み返してみたくなった。

BOOKOFFにて 犬丸りんさんの「ヤキソバパンの思想」 「かんたんに幸せになりたい」 群ようこさんの「本取り虫」 を購入

BOOKOFFにて 原田宗典さんの 「かんがえる人」 犬丸りんさんの 「んまんま」 「めろめろ」 を購入。 原田宗典さんの本は、何も考えずに読んで、クスリと笑えるのが好きだ。 犬丸りんさんは漫画おじゃる丸の原作者だそうだ。 こちらもクスリと笑える短編小説…

BOOKOFFにて 原田宗典さんの 「日常ええかい話」 藤原紀男さんの 「マザーグースって残酷」 群ようこさんの 「本棚から猫じゃらし」 「ネコの住所録」 「たかが猫されど猫」 「へその緒スープ」 「ビーの話」 を購入。 読んでない本が山積状態。